忍者ブログ

名古屋市・千種区・東区・アレクサンダーテクニーク教師河野の「見直すブログ」

アレクサンダーテクニーク教師会正会員、河野広昌のブログです。 自分自身の考えを見直し、気づいたことや活動内容を綴っていきたいと思います。レッスンは千種駅前の教室で。

2020/02    01« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  »03
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グレゴリーベイトソンの本によると、

「あなたの奏でる音楽はどうしてこんなにも神々しいのかという質問に彼はこう答えました。「私は楽譜にある通りを弾くだけで音楽は神が奏でられる」」

とバッハが語ったエピソードを紹介しています。

この発言がバッハのものか、、、ホントかウソか知りませんが、この言葉は至言ですね。さすがバッハ。

演奏者としては「自分が」音楽を奏でると思ってしまいがちですが、演奏者のできることは、例えばピアニストだったらその曲に必要なタイミングで適切な操作で鍵盤を叩くことだけですよね。
その結果ピアノの機構に沿って音が鳴り、なった音が聞いている人の耳に届くことによってその人がその音を音楽として認識する。
演奏者は頭の中(もしくは4次元空間?)にある音楽という空想のものが、聴衆に届くまでの間にいるだけで、つなぎ役ですね。
聞いている人が耳をふさいでいたら、どんなにいい音楽も意味がないでしょうし。

まさに「音楽は神がなでられる」わけですね。。。
人間が音楽を認識するということ自体が不思議ですね。

ヴィヴィアンマッキーがその著書「自然に演奏してください」の中で言っている「演奏者がいない、そこに音楽だけがある」ということとバッハの言葉は同じでしょう。。。
音楽空間にある全てが、音楽を構成する要素として存在するだけで、演奏者はそのひとつの構成要素に過ぎないと。

自分が音楽を奏でるなんて、不遜な考え方でした神様すいません、みたいな・・・(ノ∀`)
PR

プロフィール

HN:
河野広昌
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1986/02/08
職業:
教師
趣味:
音楽演奏、歴史研究
自己紹介:
一般社団法人アレクサンダーテクニーク教師会認定のアレクサンダー教師です。
母校アレクサンダーテクニークジャパンは2018卒業予定です。(意識調整教師コース)
名古屋市千種区にあるアレクサンダーテクニークジャパン(ATJ)の教室にてレッスン可能です。
住所:名古屋市千種区内山3-25-6 千種ターミナルビル901

個人ワーク、出張ワークなども承ります。
レッスン希望の方はご連絡ください。
TEL:080-3232-6128
Mail:kotti007@gmail.com

詳しくは中日本アレクサンダーテクニーク教室ホームページをご覧ください。
https://nakanihon-cc.jp


私の所属しているトレーニングスクールであるATJは以下を大切にしています。
 ・創始者FMアレクサンダーの著作・思想に基づいたワークを行うこと。
 ・ボディワークとしてではなく、環境も含めた人間性全体を視野に入れた全人的ワークを行うこと。
 ・STATなどの国際基準に基づいた1600時間を超えるトレーニングを受けた教師であること。

FMアレクサンダーの提唱した「Conscious Control(意識調整)」を追求したワークを実践しています。

現代の大問題である「電磁波障害」に対しても、対策・問題解決のご相談にの-れます。
電磁波調和HP

ロゴ

P R

| HOME
Copyright ©  -- 名古屋市・千種区・東区・アレクサンダーテクニーク教師河野の「見直すブログ」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]